ぼっちです

ディズニーとリラックマ大好き!ディズニーパークのレポやリラックマ情報などマイペースで更新するブログ☆

片づけ、はじめました【洋服編】

 こんにちは~。

最近、あまり運がよくないな…と思うことが多々発生していました。

ふと、家の中を見てみると…あちこちがごっちゃごちゃ。

 

はい。ここ半年間ほど、何だかやる気がおこらないので、片づけや掃除をさぼっておりました。何とかしないとな~と思っていた時、仕事を通じてこちらの本に出会いました。

 

 

さっそく、読んでみた

とてもわかりやすい文章なので、あっという間に読むことができました。

読んでいると、片づけたい熱がふつふつとわいてきて、早く家に帰りたかったのですが、仕事中だったのでそこは我慢 (^-^;) まずは洋服をチェックして、それからグッズも整理して…とひたすら頭の中でシュミレーションしていました。(←仕事しろ)

 

とりあえず、洋服を処分してみた

筆子さんは、著書の中で以下の洋服は「今すぐ処分できる洋服」として紹介しています。(詳細については本を読んでくださいね!)

  1. 1年着なかった服
  2. サイズが合わない服
  3. 難のある服
  4. もう好きではない服
  5. 時代遅れの服
  6. 思い出のためだけに残している服

 

うーん。すべて納得!

数年前に片づけ&断捨離にはまった時に、洋服もかなり処分したと思っていたのですが…上記6つに当てはめてチェックしていくと、出てくる出てくる。結局ごみ袋一袋が満杯になりました。

 

処分したものの一部をため込んでいた理由とともに紹介すると…

  • 穴の開きそうな靴下(でもまだ数回は大丈夫そう…)
  • 毛玉のできたタイツ(ズボンの下にはけばわからないよね…)
  • 2年前に一回着ただけでハンガーにかけっぱなしのカーディガン(今年は着るかも)
  • 着古してよれよれのキャミソール(なんか愛着があるんだよな…)
  • 買ったもののタグも取らずに放置してあるTシャツ(着る時がくるかも…)
  • お気に入りの花柄のワンピース

ざっとこんな感じです。

 

一番最後のワンピース以外は、

  • くたびれたものを着ると、着る人もくたびれる
  • いつか着るの「いつか」はこない

という片づけの常識にのっとって、ありがとう(処分)しました。

 

残ったお気に入りの花柄のワンピースですが、6年ぐらい前に購入して数年前まではよく着ていました。最近はあまり着ていなかったので、勢いで捨てる候補に入れてみたのですが、やっぱり気に入っているので処分はやめようと思いとどまりました。

 

ですが、戻す前に一回着てみたところ…事件(?)は起こりました。

 

か、顔が浮いてる~!!!

 

そうなのです。

歳を取ったせいで明らかに似合っていないのです…ううう。

おかげさまで迷いを断ち切り、ワンピースもありがとうすることができました。

 

ということで、判断に迷ったものは一度着てみるといいと思います。

 

 

処分するときに気を付けたポイント

そして、実際に処分する際には、本に書いてあった中でも特に印象に残った以下の2点を心がけるようにしました。

 

  1. 捨てると決めて手にしたら即捨てる (触る時間が長いと愛着がわくため)
  2. 物を捨てる時にはお金にしようとしない

 

とにかく物と目があった瞬間に「いる/いらない」を判断するようにして、物に触れるのは捨てる一瞬のみとしました。(触って「ときめくかどうか?」は今回はやりませんでした。前回、なんだかんだ理由をつけて保留にすることが多かったもので…。)

すると、迷いがなくなり30分もかからないうちに作業は終了しました。筆子メソッド、自分にはかなりあっているかもです!

 

 

と言いつつ、売ればお金になるかも…と一瞬欲が出てしまうことがあったのですが(にんげんだもの…)、

 

「リサイクルショップに持って行っても洋服は驚くほどお金にならない」

「オークションで売るのも手間がかかるし、そもそも売れるかどうかがわからない」

 

ということを前回の片づけで実体験していたおかげで、欲を断ち切り、迷うことなくありがとうとお別れができました。

 

「売れるかも…」と思って踏ん切りがつかない方は、一度リサイクルショップに持って行ってみるといいと思います。よほどの有名ブランド物かレアアイテム以外は、笑っちゃうぐらい安い金額になりますよ~。

(新品の3万円ぐらいするダウンジャケットやニット、シャツなんかを持って行ったのに、ついた値段は全部で680円でしたからね~)

 

 

洋服を処分した結果…

いつも無理やり衣装ケースに洋服を収納していたのですが、抑え込まなくても収納できるようになりました。些細なことですが、ストレスがひとつなくなりました。

 

また、ぎゅうぎゅうだったハンガーラックにも余裕ができました。ハンガーが20本ぐらい必要なくなったのでこれも処分。空いたスペースに、以前購入して押入れの中に数年間放置していた無印のシャツホルダーを設置し、床置きしていたバッグやマフラー、手袋などを入れて整理しました。これまた快適になりました。

 

▲設置したシャツホルダーのバッグ版。シャツホルダーは廃盤になったようです…。

 

↓こんな感じでかさばる手袋やバッグ、シャツなどを収納しています〜。

なかなか良い感じです (^-^)v

シャツホルダー 我が家の使い方

 

 

さらに!嬉しいことが!

ハンガーラックの片づけが完了して3日後ぐらいに、上京してきた母&妹が春先に羽織るジャケットをプレゼントしてくれました! 洋服を処分した時、「春物のはおりものがないからいいものがあったらほしいなぁ」と思っていたのでビックリ! しかも、今の私の雰囲気にぴったりなデザインでした。

 

片づけ本やブログなどでよく言われている

「いらない物を処分すると、空いたスペースにほしかったもの・必要なものが入ってくる」

 というのは本当なんだなぁ…と実感したのでした。

 

その後、片づけを進めていくとさらに素敵な出来事が起こるのですが、今日はここまで。また後日アップします~。